肌トラブルがいっぱいで困っています

塩分が肌トラブルを招く

夏になると海辺に行くことが多くなりますけど、髪の毛がパリパリになったり、皮膚がヒリヒリしたりしますよね。

 

その原因は、潮風です。

 

塩分は体にとっては必要ですけど、肌に着くとトラブルになったりします。

 

肌がデリケートな人は、外でスポーツをすると、肌が炎症を起こして赤くなります。

 

そして涙を流した後は、目尻がヒリヒリとすることもあります。

 

その原因が塩分なんですね。

 

美肌参考サイト⇒フェイシャルエステ京都

 

健康な肌を維持しようと思えば、汗や涙は素早く拭き取るのがいいのですね。

 

水でぬらして絞ったコットンなどを使って塩分を拭うのです。

 

保冷剤を使ってもケアをすることができます。

 

保冷剤をガーゼハンカチで包んで、ビニール袋に入れて持ち歩けば、ガーゼハンカチが湿って塩分を拭きとると同時にほてった肌を鎮静することになりますからね。

 

こうしたこまめな肌ケアをすることで、肌のくすみや毛穴のトラブルを解消するきっかけになります。

 

高い化粧品だけが肌ケアではないのですね。

 

しっかりと予防をすることで肌を変えることもできます。

皮脂が役立つこともある

あぶらとり紙を使うと、思った以上に肌に油があることが分かります。

 

でもあぶらとり紙ではキレイになることはできないようですね。

 

30歳を超えると、皮脂は不要ではなくて、天然のナチュラルクリームになりますからね。

 

あぶらとり紙を使ってその皮脂を取り除いてしまってはもったいないのです。

 

美肌参考サイト⇒京都全身脱毛

 

Tゾーンは皮脂が気になりやすいですが、あぶらとり紙で取り除かないで、きれいな手で押さえてから、乾燥しがちな目元や口元を押さえると、全体の油分のバランスがとれると教えてもらいました。

 

皮脂は摂ればとるほど、肌が油分が足りなくなったと判断することになって、余計に分泌することになるので、あぶらとり紙でとればとるほどテカリが消えないことになってしまいます。

 

根こそぎ皮脂を取るのではなくて、水でぬらして絞ったコットンで抑える程度の方が、水分と油分のバランスがとれて肌が落ち着くのですね。

 

あぶらとり紙は肌から水分も奪ってしまうのですね。

紫外線が肌を老化させる

外出が多くなる人は、シミやしわが増えてしまいます。

 

直射日光を浴びるのは肌トラブルを招くのですね。

 

紫外線を浴びると肌はメラニン色素をつくります。

 

過剰な太陽光線を吸収してくれるので、一種の保護の役割を持っています。

 

でもこのメラニン色素が肌表面に浮上してきてシミとなるのです。

 

美肌参考サイト⇒フェイシャルエステ名古屋

 

新陳代謝の盛んな若い人は、すぐにはがれてなくなるのですけど、年齢が高くなると皮膚表面に長く滞在するようになります。

 

カサついた肌はシワもできやすいですし、たるみやすいんです。

 

だから美肌を求める人は、極力日焼けを避けなければいけないんですね。

 

肌が黒いことが流行ることもありますけど、結局肌を傷めることになるので、シミやシワばかりとなります。

 

肌の老化の原因の7割は紫外線だとか・・・

 

夏だけではなくて、紫外線が強くなる春先、冬場でも紫外線対策はしておくほうがいいかもしれませんね。

顔にクリームや美容液を塗る時は

クリームを塗ったり、顔を洗ったりする時は、手を上下に動かす立て洗いか、上から下に手を移動させる下ろし塗りですね。

 

でもこの手の動きは、肌が下にさがってくださいって言っているようなものですし、シワになってくださいって言っているようなものなんですね。

 

顔をお手入れする時には、上に向かって手を動かす方がいいようです。

 

顎から耳の下に向かってV字を描くんですね。

 

美肌参考サイト⇒フェイシャルエステ 横浜

 

手から気が出ていると言われるので、自分の思いを込めて肌を上にケアするほうがいいのです。

 

上に向かってケアをすると、リフトアップされてくるのがわかります。

 

毎日のケアですから、少しでも美肌につながる方法を実践したいところです。

うるおい肌をチェック

水分をたっぷりと含んで、しっとりと柔らかい肌が潤い肌です。

 

お風呂上がりの肌は、水毛を含んでプルプルして透明感があって、吸い付くような感触がありますよね。

 

美肌には水分はとても大事な要素です。

 

だからローションパックをしたり、お水をたくさん飲む必要があるのです。

 

目や口の周りが粉っぽくなっていたり、皮がむけてきたり、顔を触った時にザラザラとした感じがするときは潤い不足というわけです。

 

化粧水や美容液はスムーズに入っていきませんし、メイクもうまく乗りません。

 

そして乾燥した肌は日に焼けやすくなったり、かゆくなったり、洗顔後にぶつぶつが出てきたりとトラブルが起きやすくなります。

 

年齢が高くなると体の水分はだんだんと減ってきますから、意識して補給をしなくてはいけません。

 

潤いがあるほうが肌のガード機能も高まって、素肌に自信がついてきますからね。

 

美肌参考サイト⇒脱毛サロン 名古屋

 

潤い肌は・・・

 

水分と油分のバランスが取れている

 

メイクがきちんと馴染んでいる

 

しっとりとした柔らかさがある

 

指で押すと戻ってくる感じがある

 

肌に透明感がある